HALF NOTE ハーフノート

歴史

狭山市の歴史は古代にまで遡ります。現在に残る史跡は中世以降のものが大半ですが、古代から多くの人が生活を営んできた歴史ある地域なのです。

 

最初に歴史に登場するのは古代、狭山市は武蔵野国の入間郡に属していました。その後716年に新たに高麗郡が設置され、狭山市のうち入間川西岸の部分が属するようになりました。高麗郡という名称からも推測されるように、渡来人が多く住んだ地域とされています。なお、中世になって入間川宿が鎌倉街道の上道として繁栄します。鎌倉に出入りする人たちにとって欠かせない宿場町となり、しかも入間川宿で上野国方面と下野国方面に分岐していたため、いわば交通の結節点としての役割も果たしていたのです。

 

江戸時代には一部が川越藩領、一部が天領の形で支配を受けることになります。それだけでなく、中期以降には活発な新田開発によって不老川流域の開墾が進められ、移住する人たちが増加していきます。

 

狭山市の歴史で忘れてはならないのが戦後の進駐軍による接収。ジョンソン基地が作られ、軍隊が駐屯していました。稲荷山公園はこの基地の跡地に作られたものです。その後1954年に入間郡入間川町、入間村、掘兼村、奥富村、柏原村、水富村が合併することで狭山市が誕生しました。その後1963年にはジョンソン基地が返還、さらに同時に宅地開発が進んで急速に人口が増えていきます。この時期に私たちが思い浮かべる狭山市のイメージが作られたといってもよいでしょう。


風俗比較は埼玉デリヘルスタイル

埼玉専門のデリバリーヘルス情報サイトです。最新デリヘル風俗情報をリアルタイムにお届け。
www.sai-deli.jp/