HALF NOTE ハーフノート

医療について

高齢化の影響もあり、医療のいっそうの充実が求められています。もちろん、高齢者だけに限らず、市民が安心して暮らせるような医療環境の整備が必要とされているのです。では草加市の医療環境はどのようになっているのでしょうか。

 

まず一般病院の数。人口1万人あたりの施設のデータがあります。それによると1万人につき0.21施設。これは関東エリア239エリア中221番目。人口に対する施設の数はかなり少ない部類になります。一般診療所においてもこの傾向は同様で、1万人につき4.44施設。こちらには239エリア中、213番目となります。ついでに歯科診療所も見てみましょう。こちらは4.61施設。239エリア中140施設。一般病院、一般診療所に比べるとまだ多いものの、関東全域で見ると低い水準にあります。ただ、草加市は人口が多いため、このデータを持って医療環境が悪いとはいえない面もあります。

 

その代わり、というわけではありませんが、草加市には草加市立病院があります。草加市が運営する総合病院で、内科・循環器科・消化器科・腎臓内科・呼吸器科・精神科・小児科・外科・脳神経外科・整形外科・泌尿器科・皮膚科・眼科・耳鼻咽喉科・麻酔科・歯科口腔外科・救急診療科・健康管理科が設置されています。これら診療科に加え、リハビリテーション科、放射線科、検査科、栄養科などもあります。まさに市民の医療の根幹として機能している病院です。

 

このように、草加市の医療は人口に対する施設の数こそ心もとないものの、充実した治療体制を整えた施設があり、それが市民の健康を守っている環境をみることができます。


人妻遊びは大宮デリヘルスタイル

埼玉専門のデリバリーヘルス情報サイトです。最新デリヘル風俗情報をリアルタイムにお届け。
www.sai-deli.jp/